トラパパブログ

よし、娘の為に書く!あと趣味の小説執筆しちゃうか!(たまに小説もかきます)

「超小企業の4代目の最初の2ヶ月」はじめます!

こんにちわ!

ぱぱブロガーのとらぱぱです!

 

普段はぱぱ目線の愛娘の話を記事にしています!

 

今回は私の仕事面のお話。

 

私は建設業をしています!

そして、父親が代表をしています。

が、ちっさいちっさい作業員10人以外の本当に小さい会社です。

 

中学二年生の時の夏休みに一週間アルバイトをしてみました。(今じゃありえませんね。笑)

 

暑い夏場に外で長袖を着て働きました。

中学二年生の私のイメージは

 

「絶対に将来やらない職業」

 

になりました。笑

 

だって辛いんですもの。

ありえないもん。笑

 

こんな苦労。。。

わざわざこんな仕事することない。

 

 

 

んで、

高校受験。

普通に普通科の行きたい所に落ちました。笑

 

滑り込みの私立へ。

 

そこが就職率100%なんですって。

工業系だからでしょうね。

 

先生方に言われたのが

「すぐやめようがなんでもいいから一回どっかに就職しろ。」

と。

 

 

ひねくれ性格発動だ。笑

 

絶対に就職しないと決めました。

という事でフリーター決定。

よし!

100%じゃなくなりましたね。笑

 

ひねくれすぎ。笑

 

 

気楽でした。

将来の事なんて何も考えてなかったんで。笑

 

んで、半年遊びました。

 

そんな時、

高校生時代ほとんど会話しなかった父親から

「知り合いの建設会社が社員いなくなっちゃったから、週2位でバイトしてみないか?」

って、言われました。

 

んー。

 

カラオケのバイトを夜間帯でやってたので悩みましたが、週2ならと作業着を着る事に。

 

 

 

はい。騙されました。笑

 

最初の一ヶ月は週2でしたが、

最終的には週6の毎日残業3時間。

 

だまされたー!

まじだまされたー!

 

父親に騙されました。笑

 

気付いたらカラオケのバイトもやめ、

20歳になって、3月まで働き。

 

4月からナチュラルに現在の我が社に入社。

 

断ろうと思えば断れましたが

その時は

「まっいっか。」

に、なってました。

 

んで、入社。

なにも考えないで入社した20歳の若造には代表が父親だという洗礼が待ってましたね。

 

入社2ヶ月

その道15年以上の方2人と私の3人で作業。

ベテランがミスをして、職場の一番偉い人から

「おまえらの中で一番偉いやつは誰だ?」

と。

そしたらミスしたやつが

「この人です。」

 

私を指差しました。

私も質問した人も一瞬止まりました。

 

まじか。

入社2ヶ月の私を指指すか。

 

つい、気合いスイッチ発動。

なんとかこの場を納めるか。と。

 

「あの、場所かえていいですか?」

お偉いさんに勇気をだして言ってみたら、

「いいよ。」と。

 

部屋を替え、謝りまくる気でいたら

「君、大変だね。」

と、お偉いさん。続けて

「まっ、君がやってないのはわかってるし、本来私と話すのは君じゃないよね。」

 

 

な、なんて優しい方なんだ。

 

 

話をして、理解して頂いて、

大袈裟にもされず、丸くおさめてくれました。

 

ひとまずその日は帰る事に。

 

つい、キレた20歳の若造は、今まで敬語を使えてたのに、我慢できませんでした。

 

「おい、お前ら。俺が一番偉いんだよな?これから俺の言うこときけな。」

 

はい。今じゃパワハラですね。笑

 

でも、いきなり生意気な事を言う20歳の若造の言うことを聞くわけありません。

 

だけど、

あの日の事は忘れない。

し、決めたことがあるんです。

 

次期社長。

だからってかわいくしててもやられるだけ。

 

なら、全面的に戦うと。

こちらから攻めませんが。

 

「社長の子だから。」

や、

「若いくせに。」

 

って、言ってくるやつには

勉強して理論を蓄え強気に戦うと決めました!

 

 

 

結局あの日いた15年以上のベテランは私が二年目の途中にほぼ時期を一緒にやめました。笑

 

「あの時はすいませんでした。」

と。笑

 

 

残念ながらやり方があってるかわかりませんが。

 

私は潰されないために勉強して戦うというシンプルな作戦しかとれませんでした。

 

 

 

今は、

あんなにやりたくなかった仕事を10年以上やってます。

特に若手育成に力をいれていて、

責任は持たせますが、

程よく。

 

その子の良さが生きる道を探してあげたいなと。

状況が違うかもしれませんが、

私と同じ気持ちにはさせたくないですね!

 

<a href="https://blogmura.com/ranking.html?p_cid=11003203" target="_blank"><img src="https://b.blogmura.com/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" />にほんブログ村</a>