トラパパブログ

ぱぱ的ポジティブ育児✨👍ぱぱは愛娘の為に書く❗

「優しい涙に感動!」はじめます!

こんばんは!

パパブロガーのとらぱぱです!

 

今回は愛娘の二女のにゅーちゃんが

youtube

を見てたら泣いちゃったよ!

って、お話です。

 

泣いちゃった、にゅーちゃんを見て、

可愛くて可愛くて、

いっぱい抱き締めちゃいました!

 

 

内容↓

 

 

ある姉妹youtuberさんのお話。

ご年齢はわかりませんが投稿当時は小学校2年生と年長さん位に見えます。

 

今回はお姉ちゃんが主役。

 

お姉ちゃんは

鬼のショップ店員役。

そこのショップには普通の赤鬼、青鬼がよく物や食料を買いに来ます。

特にカエルがお気に入り。

そしてお姉ちゃん鬼は赤鬼青鬼とお友達。

 

でも、そのショップはカエルや少し怖いものを売ってるので

人間は買ってくれません。

と、いうより近寄ってくれさえしません。

 

お姉ちゃん鬼は人間とも仲良くなりたくて自ら近付くのですが

「怖い」

と、言われ逃げられてしまいます。

 

どうしたら仲良くなれるのか考えてたら

赤鬼青鬼が登場。

 

そして、こうアドバイス、

「私たちが人間を少し怖がらせるから、そこに現れて人間を助けよう。そうしたら仲良くなれるよ。」

 

さすがにお姉ちゃん鬼は反対しましたが、

赤鬼青鬼に説得されて実行することに。

 

 

人間役の妹ちゃんと姉妹のパパがいる所に赤鬼青鬼がいきなり現れて

「がぁぁおぉー!」

 

怯える2人。

 

そこに現れるお姉ちゃん鬼。

「やめなさい!帰りなさい!」

 

赤鬼青鬼はお姉ちゃん鬼に叱られたので退場。

 

人間たちはお姉ちゃん鬼が怖くないと認識したので、その場で仲良くなれました。

 

 

お姉ちゃん鬼のショップも、人間好みの商品を店頭に置き。

毎日買いにきてくれる人間と仲良くなり、大満足。

 

でも、最近赤鬼青鬼がきてくれないので、

手土産に2人の好物なカエルを持って2人の家に行くことにしました。

 

 

たどり着いたけど、家には貼り紙が。

 

「お姉ちゃん鬼へ

    人間と仲良くなれてよかったね。

    私たちと仲良くしてたら

    また人間と友達ではなくなってしまうので、

    私たちは遠くに行きます

    さようなら。」

 

お姉ちゃん鬼は何度も読み返し、

静かに別れを惜しんで泣いてしまいました。

 

とさ。

なんかバラエティ感覚で見てたのに悲しいお話だな。

って思って、我が家の6歳で長女うぃーちゃんの顔を見たら真顔。

3歳で二女のにゅーちゃんを見たら手で顔を隠してました。

あれ?

 

とらぱぱ「どした?」

にゅーちゃん「鬼さんかわいそう。」

って言いながらボロボロ涙。

 

あら。

この話の意味がわかるんだ。

悲しい気持ちがわかるんだ。

 

成長に感動しながら、

私はにゅーちゃんが泣き止むまで抱きしめてあげました。

 

落ち着いたのでうぃーちゃんを見たらうぃーちゃんも涙。

 

とらぱぱ「どした?」

うぃーちゃん「にゅーちゃんがかわいそう。」

 

あら、妹想い。

 

今度はうぃーちゃんが落ち着くまで抱きしめました。

 

 

なんか、成長したな。

優しい子に育ってるな。

って思うひとときでした!