トラパパブログ

よし、娘の為に書く!あと趣味の小説執筆しちゃうか!(たまに小説もかきます)

「外で愛娘と3人で寝っ転がったら、笑顔な話。」はじめます!

こんにちわ!
パパブロガーのとらぱぱです。

みなさん、何におびえていますか?

本質を見失っていませんか?

育児において自分が嫌になる時はありますか?




庭や公園。外で寝っ転がっちゃいけないんでしたっけ?


あれ?笑


とらぱぱも愛娘たちが外で横になろうとしたら

「だめー!ママに怒られちゃうよ。」
「だめー!洋服汚れたら怒られちゃうよ。」

って、言ってました。


でも、これって違うと思うんですよ。

「あなたたちが汚れちゃうよ。」
「せっかくママが買ってくれた洋服が汚れたら、ママ悲しむよ。」

なら、まだわかります。

ただね、愛娘は外で楽しそうに遊んでるんですよ。

多分、とらぱぱが嫁様に怒られたくないだけだったんです。



こないだ、外で長女の6歳のうぃーちゃんがチョークみたいので部屋のレイアウトを書いてたんです。
んで、トイレやお風呂や寝室を綺麗に描けたから、
そこに横になろうとしたの。


やっぱ、いつもの癖で注意しようとしたんです。

でも、なんか違うんじゃないかって急に思った。



こんな楽しそうな娘。
綺麗に描けた絵も褒めずに、
ただ汚れるってだけで止めるのか、
確かによくはないけど、
それよりも今のこの楽しい事を続けたほうがこの子たちにとって良い事なのではないだろうか、
そもそも嫁様には悪いが、とらぱぱ自体は外で横になる事を悪いと思ってない、
のに、止めるのか、
思ってないやつが止めるのか、

この笑顔を一度止めるのか、
俺がこの子たちにしてあげたい事はこういう事だったか?


うだうだ色々考えちゃいました。

そしたら不思議な事に。



愛娘は寝っ転がるの中断してるんです。笑



「だめー。って言わないの?」
って。

逆に止められない方が変に感じたのかな?
そっか。
もう色々わかるもんね。

わかってるけど、楽しみたいんだもんね。




うん。
この子達は多分、嫁様の前では寝っ転がらないな。
パパだから、ママとじゃできない事をするんだ。


最近忘れてた。


パパは愛娘たちの遊ぶ人。
本当に悪い事した時しか叱らない人。

忘れてた。
俺がこの子たちにしてあげたい事。



とらぱぱ「いいよ。ゴロンして。」

愛娘たち「えっ?」

とらぱぱ「ゴロンしちゃお。」

愛娘たち「ママに怒られちゃうよ。」

とらぱぱ「じゃあ、一緒に怒られるか。えいっ!!」

愛娘たち「えーーー。パパがゴロンしちゃうの!笑」

とらぱぱ「うん!だからおいで。」

愛娘たち「いえーい!パパも怒られちゃうよー!笑」

とらぱぱ「いいよー!」

愛娘たち「ははっ。笑  じゃあパパはこっち。」

とらぱぱ「ここ、パパサイズの布団?」

愛娘たち「そっ。パパおっきいから。」

とらぱぱ「上手に描けたね。」

愛娘たち「うん。うぃーちゃんとにゅーちゃん(二女で3歳)お絵描き上手なの!」






育児的にどうなんだろうね?
私、とらぱぱは自分が悪いと思ってない事を娘に強制する事をやめちゃいました。

一緒に外で横になっちゃう、パパ。

うちの愛娘たちはそのほうが楽しいみたいです。

いっぱい笑顔になってました。


ガミガミ色んな事言う育児より笑顔優先な育児を選んでいこうと再認識しました。





案の定、嫁様に怒られる事になった私たち3人。

でも、なぜか愛娘たちはニヤニヤしてました。笑



愛娘たちよ。
今だけはニヤニヤするのやめよ。笑
寝る時またいっぱい遊んであげるから。