トラパパブログ

よし、娘の為に書く!あと趣味の小説執筆しちゃうか!(たまに小説もかきます)

「我が子の試練‼️公園にあるあの鉄棒で3連続逆上がりを成功するまでのパパの3つの作戦!」はじめます!

こんにちわ!トラパパです!

 

大人になってから逆上がりした事ある?

 

 

私には可愛い可愛い愛娘が二人もいます💕

仕事から帰ってきて2秒で抱きつかれながら

「早く遊ぼう?💕」

って、言われたら次の日が休みでゆっくり晩酌できる日だってサッとごはん食べて遊んじゃう位溺愛しております!

 

そんな可愛い愛娘のご紹介↓

 

長女は最近色んなことに興味がいっぱいで外で遊ぶのが何より大好きな元気いっぱいな5歳のうぃーちゃん💕

 

二女は毎日ずっとニコニコしていておっきな声で「パパ~笑」って呼ぶのがマイブームな3歳のにゅーちゃん💕

 

はい。可愛すぎ。。。

 

 

こんな可愛い我が子!

日々成長しております。

 

その成長に少なからず関わっている親。

親が教えてあげれるのは

礼儀やあいさつ

お勉強

人に対する思いやり

箸の持ち方

お風呂の入りかた

ママに隠れてお菓子を食べる方法

ママが隠してる新しい洋服のある場所

などetc

 

無限に色々教えてあげれます。

正直、教えてあげようと思えばいくらでも。

 

 

ですが!

教えても実際にできるようになるかはわかりません。

教え方がヘタだったり、教えてにくいこと。

 

 

その1つが

「逆上がり」

だと、おもいます。

 

これってね。

意外と難しいんですよ。

口で言ってもなかなか伝わらない。

「足をもっと上にグーんて。」

「もっと腕に力いれてグーんて。」

 

グーんばかりになっちゃう。

そもそもパパママさん逆上がりできる?

結構辛いよ。

私はなんとかできましたが、

次の日いたる所がきしみました。笑

 

はい。

ということで、今回は五歳のうぃーちゃんが幼稚園で課された逆上がりの猛特訓の話を3ブロックに分けてお話させていただきます!

 

 

 

愛娘たちは公園が大好き!

日によっては遠くのお出掛けより近くの公園のほうがいいらしい。

しかも何ヵ所も。。。

公園のハシゴしたことありますか?笑

 

公園って言っても色んなタイプがあるからなんでしょうね。

レギュラーの設備は

 

ブランコ

滑り台

砂場

鉄棒

 

これはだいたいありますね。

小さい時から愛娘たちは公園が大好き。

 

ブランコ乗ったら

「パパ教えてー」

滑り台やったら

「一緒にやろー」

砂場では

「お山作ってー」

鉄棒では

「見てみてー」

 

両手でブラブラーが得意なにゅーちゃん💕

前回りなら無限にできるうぃーちゃん💕

 

そう!前回りなら!

 

 

ある4月。

「逆上がりってどうやるの?」

うぃーちゃんの突然の質問。

話を聞いたら、年長さんになったら逆上がりをできるようになりましょう。

と、いう課題が一年を通しての課題だと。

できた子は教室の貼り紙に名前を書けると。

 

よし、んじゃあ練習しますか。

 

 

 

1→前回りの延長

前回りが得意なうぃーちゃん。

もうずっとグルグルグル。

でもやっぱ逆上がりはいきなりはできません。

まずはパパがやってみせる事に。

うん。

緊張した。

何年もやってないからね。

 

えいっ!

 

な、なんとかできました。

安心。笑

「ほら、こうやるんだよ。」

あたかも普通にできるようにうぃーちゃんに言ってみた。笑

次の日筋肉痛。

 

でも見ただけじゃなかなかできないのが逆上がり。

 

 

うぃーちゃんは前回りで腕力はある。。。

よし!

 

トラパパ「一番小さいので前回りしてごらん。」

うぃーちゃん「うん。」

トラパパ「ストップ。」

うぃーちゃん「!?」

トラパパ「パパが体もってるからね。」

 

グルグルグルー。

 

うぃーちゃんは連続で前回りができる位腕力がついてきていたので、

前回りをやったあとに足をつかないでそのまま逆上がりをパパが支えながらやってあげました。

 

床からじゃできない逆上がりが足をつかない状態からなら感覚がつかめるみたい。

 

パパが一回やってあげたらコツをつかんだのかそのあと一人で逆上がりができるようになりました。

 

子供ってすごいな!

猛特訓じゃないけど。笑

でもここからが本番。

 

 

2→お手手

「パパー。全部できるようになりたい。」

公園の鉄棒って3段階の高さが違うのがありますよね。

一番小さいのを難なくクリアしたうぃーちゃんは全部クリアしたくなったみたい。

 

んー、一番でかいのは。。。

 

まずは中くらいのやつ。

 

やっぱり最初はできません。

ただ私はなんとなく違和感を。

ん?前回りと同じ手。。。

 

「うぃーちゃん!持ち方変えて!」

 

そしたらグルー。

 

はい。成功。

 

すごいね、子供って。

また猛特訓ではないけど。笑

 

 

3→パパ隠し事するけどごめんね

さぁ、ラスボスです。

一番でっかいの。

さすがにこれは猛特訓でした。

 

たった1日で逆上がりをマスターし、

三種類クリアを目標にしたうぃーちゃん。

多分できると思ったんでしょう。

ただ一番でかいのではできない。

パパもあの手この手を使いましたがその日は一人では一度もできませんでした。

 

「悔しい。」

って泣いてるうぃーちゃんをみて、

トラパパはなんとかしてできるようにしてあげたかったけど、作戦が思い付きません。

 

翌週。

うぃーちゃんは公園に行きたいというより鉄棒をやりたいが強いみたい。

負けず嫌いだからね。笑

 

先週と同じ公園で鉄棒練習始め!

 

一番小さい鉄棒でブラブラぶらさがってるにゅーちゃんの隣で泣きながらうぃーちゃんは猛特訓。

「もうちょい大きくなってからでいいんじゃない?」

なんて、トラパパの声は一切聞こえないみたい。笑

 

さすがに疲れたうぃーちゃん。

気分を変えて違う公園へ。

 

そこにも鉄棒がある。

あると挑戦する。笑

そしたら

グルー。

 

「パパできた!!」

一番でかいのができた!

なぜだ?レベルアップしたか?

ん?

 



なるほど!笑

ハシゴって意味あるなー。

 

理由がわかったトラパパはうぃーちゃんに一番でかいので何回も練習することをすすめました。

何回やっても成功なうぃーちゃん。

 

よし、移動!

 

「えー。」

って不満なうぃーちゃんにゅーちゃんを説得して最初いた公園へ戻りました!

 

もう一度一番でかい鉄棒に挑戦。

グルー。

 

やっぱり成功。

「もうできるもん!」

誇らしげなうぃーちゃん。

 

 

実はね、二個目の公園の一番でかい鉄棒って最初の公園の鉄棒の二番目の高さくらいだったんです。

一番でかいのができる!って思ったうぃーちゃんはさっきまでできなかったのに知らぬ間にマスターできたみたい!

 

錯覚?メンタル的なもん?

子供って本当にすごい。

結局2週間でできるようになっちゃった!


 

この事実はうぃーちゃんには内緒にしてます。笑

隠し事してごめんね。

鉄棒全部クリアおめでとう!

 

 

 

 

今回、愛娘の逆上がりに関してトラパパ何もしてない。笑

 

唯一トラパパが今回頑張ったのは、

「もうやめよ。」

を、言わないように我慢したことだけです!笑

 

後日、授業参観に行ったら教室に貼ってある

逆上がりできた人。表に

しっかりうぃーちゃんの名前がありました!

しかも3位!笑

 

頑張ったね♪うぃーちゃん♪